シェアトレ サッカー練習メニュー共有サイト

無料で使える
サッカー指導者のための練習メニュー共有サイト

練習メニューを投稿

練習メニューを
キーワード検索

練習メニューをタグ検索

テーマ別












  • ポジション別




  • 守備別


  • 年代別






  • 技術別









  • 技術理論

    サッカー得点王だけが知っている!?ゴールを決めるために意識する3つのポイント【動画付き!】


    体の使い方 2対2以上 オフザボール ミッドフィルダー(MF) 対人 ゴールキーパー(GK) 攻守の切り替え 組織守備 基礎練 個人守備 ドリブル 親子で練習 ファンメニュー 1対1 シュート ヘディング フォワード(FW) ディフェンダー(DF) トラップ フィジカル アジリティ(足の速さ) 雨の日 パス&コントロール 自主練 戦術 コーディネーション ウォーミングアップ

    サッカーは世界で最も人気の高いスポーツと言われています。
    その理由にゴール前の攻防、ゴールが決まった瞬間の喜びがあると思います。

    サッカーというスポーツを競技特性から考えてみてください。
    11人のチームからなる22人が約105メートル×68メートルの長方形のピッチで一つのボールを奪い合い、互いが自分のゴールを守りながら、相手ゴールを目指します。

    ボールに触れられるのは、キーパーなど特殊のポジション、状況を除いては、基本的に足のみです。
    シュートまでいくことも簡単ではありませんが、その先には手を使えるキーパーもいます。

    普段移動に用いる足を使ってボールを運び、邪魔をする相手をかわさなければなりません。
    サッカーは本当にゴールの決まりにくいスポーツです。
    だから、サッカーの試合でゴールを決めた選手は全身で喜びを表現するし、サポーターは熱狂に沸きますよね。
    そこで一つの疑問が出てきます。

    ゴールを決めることが難しいといわれているサッカーで、いとも簡単にゴールを決めてしまうような選手がいると思いますが、それはなぜでしょうか?

    今回はそんな、「いとも簡単に」決めてしまうゴールに何か法則を見出し、ドリブルやキックには自信があるのに、ゴールを決められない選手、そしてそれに悩む指導者へ向けた、3つのポイントを考えていきます。
    特に、カテゴリー、レベルが上がるにつれて、ゴールが決められなくなった選手は必見です!

    1、サッカーの「現れる」プレー

    サッカーでは、ゴール前であればあるほど、プレッシャーが厳しくなります。
    1点の重みは大きいです。当然ですよね。
    1つの得点が、ゲームの行方を大きく左右するスポーツですから、特にレベルがあげれば上がるほど、簡単には得点を許してはくれないでしょう。
    ゴール前でディフェンダーは、自分のマークをより警戒するわけですから、ただ何も考えず走り込んだりゴール前で待っていても、チャンスは来ないでしょう。

    そんな時に大切になるのは、「現れる」というプレーです。
    「守備者の警戒していない場所」から急に現れ、タイミング良くボールを受けてシュートまで持っていくということです。
    簡単な図で考えてみましょう。
    上記の赤で囲んだエリアを、仮に警戒エリアと呼ぶとします。
    勘のいい方ならわかるかもしれませんが、警戒エリアは相手守備者の視野の範囲ですよね。

    青の①の選手はゴールを決めるために、いかに赤の①選手のマークから逃れてシュートするのかを考えなければなりません。
    その為に、相手選手の視野の特性を利用するのです。
    主にディフェンダーは、マークにつく時にボールとマークを同一視野に収めなければなりませんが、試合の流れでついついボールだけを注視してしまう場面があります。

    人間は、右を見ながら同時に左を見ることはできません。
    相手がボールを注視した時に、上手く相手の視野から消えて、ボールが来そうなタイミングでシュートが打てるスペースに現れる事が出来れば、厳しいゴール前でもシュートを打つための時間を得ることが出来るのです。

    この能力に優れているのが、例えば元日本代表の佐藤寿人選手、そしてスペイン代表のセスク・ファブレガス選手です。
    特にセスク選手は、ポジションが中盤で特別なスピードやパワーが無いにも関わらず、多くのゴールやゴール前でのチャンスを作っています。
    実際に佐藤寿人選手のプルアウェイの動きを見てみましょう

    2、サッカーのシュートコースを知る

    サッカーの試合でゴールをたくさん決めるような選手は、その分たくさんシュートしています。
    もちろん、たくさんシュートしたからといって、そのままゴールに結びつくというわけではありません。
    「とにかく数打てば当たる」事はサッカーではありません。

    では、なぜゴールをたくさん決める選手はたくさんシュートを打つのかと言うと、「シュートコースを知っているから」なんです。
    例えば、ゴール前でボールを持った場面を想像して見てください。
    シュートを打てる距離ですが、目の前に、ゴールを遮るように相手が立っていた場合、皆さんならどうしますか?
    ゴールをたくさん決めるストライカーであれば、まずシュートコースを探します。
    それは「気が強い」だとか、「エゴイストだから」ではありません。
    シュートコースがどこにできるか「知っているから」なんです。
    下の図を参照に、相手を目の前にした時、自分がシュートモーションに入った時を想像してください。(右利きが右足でのシュートを想定しています)
    シュートモーションに入った時、相手はブロックしようと、図のように、足を上げます。
    その時に
    ①キッカーの軸足側
    ②ディフェンダーの股の間
    ③ディフェンダーの脇下付近
    がシュートコースとして空くことが多いです。

    「多い」と言う言葉を使ったのには理由があって、その事を知っているディフェンダーなら、股下を警戒するなど、対策してくる事もあるからです。
    ただ、ゴール前ですから、前を向いた時点で主導権はこちら側です。
    なぜなら、ファールをすれば、良い位置でフリーキックを与えてしまうし、簡単に飛び込んでかわされると、さらにゴールに近づかせてしまうからです。

    その中で、ボールを横にずらしたり、キックフェイントを使う事で、相手の重心を動かし、バランスを崩す事ならできます。
    ここで大切なのは、コースが空く瞬間を見逃さない事です。

    ゴール前では、横パスや、ドリブルでなく、「シュート」で終われる選手になりましょう。
    シュートコースを知り、その事を頭に入れて駆け引きです。
    目の前に相手がいても、コースをイメージしてシュートしても良いかもしれませんね。

    3、サッカーの型をもつ

    サッカーの試合で、シーズンを通してたくさんのゴールを生み出せるのは、正直至難の技です。
    確かに簡単なことではないです。

    では、たくさんゴールを決めている選手は、試合の中でどのような考えのもと、プレーしているのでしょうか。
    たくさんゴールを決められる選手は、ゴールまでたどり着くための、得意なパターンの様なものを持っています。
    パターンとは、「自分の持っている武器を最大限に生かす方法」です。

    例えば、背の高さを生かしたヘディングシュートだとか、アルゼンチン代表のメッシ選手のように、右サイドから中に切れ込んで、得意な左足でシュートする、と言った具合です。

    まずは自分、あるいは対象とする選手が何が得意か分析してみてください。
    利き足は?スピード、高さ、キックの種類はどうですか?
    また、今までのゴールはどんなパターンが多かったですか?
    ゴール前のあらゆる場面を想定してみましょう。
    イメージトレーニングも大切ですね。

    ただ、目に見える能力だけ見てしまうと、なかなか得意なパターンは見つけられません。
    仮に持っている武器が分からず、なかなかパターンが見つからない人へのオススメは、「こぼれ球」です。
    「味方がシュートを打ったら必ずゴール前に詰める」を徹底して見てください。
    シュートが打たれた瞬間、ついついディフェンダーは、ボールの行方を目で追ってしまいます。
    その瞬間がチャンスです。
    ゴール前に入るタイミングや、怖がらず身体を投げ出す事も武器の1つです。
    もちろん、これは一つの例です。

    パターンが見つかれば、そのパターンの場面から逆算していくようにして、プレーの中で意識してみましょう。
    メッシ選手であれば、ペナルティエリア右サイド付近で前を向いたら、まずは、ゴールに向かってプレーしています。
    メッシ選手は得意なパターンに持っていく為に、フラフラと動きながら、味方の動きを利用するなどして、常にチャンスを伺っていますね。

    もちろん、パターンは見つけるだけでなく、日々のトレーニングによって培って行くこともできます。
    日々のトレーニングの大切さを忘れないようにしてくださいね。

    まとめ

    1、サッカーの「現れる」プレー
    2、サッカーのシュートコースを知る
    3、 サッカーの型をもつ
    サッカーの試合でゴールをたくさん決められる選手は、どこか自信を漂わせています。
    だから、ゴールを決める為に自信を持て、と言っているわけではありません。

    以上紹介した3つのような事を「知っている」からこそ、ゴール前でも慌てずにプレーができ、その繰り返しによって自信が生まれます。
    自信があれば、迷わずプレーすることができます。
    迷わないという事は、「決断力」があると言われています。

    元フットサル日本代表監督の、ミゲル・ロドリゴさんは、「決断力」の重要性を繰り返し説いていました。
    「決断力」は、自分の頭で考え、答えを見つけていく事で身につけていきます。

    今回の3つのポイントもそうですが、すぐに答えを探したり、与えるのではなく、常に問いかけてください。
    たどり着く答えは同じでも、自分で考えて見つけた答えは忘れないでしょう。
    日本のサッカー界が目指しているゴール(目標)があるのだとすれば、そのヒントは、「決断力」なのかもしれません。

    執筆者

    シェアトレ運営部

    シェアトレを運営している筑波大学のメンバーです。日々指導者のために勉強中です


    現場で使える指導案はこちらから!

    \ 実際に現場で活躍している指導者の方々が作成した1日の練習メニューや指導案を、よりスムーズに確認することが可能になりました! /


    この記事が気に入ったらいいね!