シェアトレ サッカー練習メニュー共有サイト

無料で使える
サッカー指導者のための練習メニュー共有サイト

練習メニューを
キーワード検索(日本語)

練習メニューをタグ検索

年代別






  • 技術別








  • ポジション別




  • 守備別


  • テーマ別












  • サッカー指導に役立つコラム

    - サッカー指導の知識を深めるコラム:146件 -

    トレーニング理論やケガの予防、選手のモチベーションに関するサッカーのコラムを掲載。
    ただサッカーの練習メニューを見ただけではアイデアは得られても知識が習得できるわけではありません。 専門家や指導者の方々に協力していただき「指導者であれば知っておきたい知識」としてのサッカーコラムを配信していきます。

    【FIFAワールドカップ2018ロシア】ここまでとここから

     世界最大のスポーツイベント、サッカーFIFAワールドカップ2018ロシア大会も6月にグループステージが開幕し、あっと言う間にノックアウトステージがスタートしました。すでにベスト4が出揃った時点でコラムを執筆していますが、寝不足の日々が続きますね。
     今回は、ここまでのロシア大会の大きなトレンドと、過去の結果から、ここからの予想をしてみたいと思います。

      

    サッカーのドリブルを様々な工夫を凝らして徹底的に練習しよう

    ワールドカップ2018も予選ラウンドが終了し、ベスト8が出そろいました。残念ながら、日本代表はノックアウトステージの1回戦で敗退してしまいましたが、今大会は乾選手、原口選手などのドリブルを得意とする選手の活躍が目立ちました。日本代表以外にも色々なタイプのドリブルを長所とする選手がいます。敗退しましたがアルゼンチンのメッシ、勢いに乗っているブラジル・ネイマール、スピードスターのフランス・キリアン エムバペなど。
    今回のコラムでは、国のスターにまでなれるように、色々な工夫を凝らして、徹底的にドリブルの練習方法にこだわってみたいと思います。

      

    サッカーのトレーニングをスポーツという観点で考えよう


     以前執筆したコラム≪サッカーの練習(トレーニング)を熟考して見えてくるものとは≫では、以下のようにまとめてみました。

    1.サッカーとはどんなスポーツなのか?
     =自由の中で決断に連続性が求められ、仲間と協力してプレーする
    2.練習する理由とは?=相手よりも上回る力量を身に着け、勝利するため
    3.自由はサッカーの本質の1つ=勝利を目指す道、方法は無数に存在
    4.トレーニングのフィロソフィー=何のために練習するのか、心が大切
    5.トレーニングの原則と原理=5原則3原理を理解するべき
    6.トレーニングの大別=ドリル形式とゲーム形式を有効活用
    7.トレーニングのチェックリスト=迷ったら立ち返るべきもの

    今回はスポーツとして別の角度からサッカーを捉えて、トレーニングを考えてみましょう。(前回のコラムも読んで頂けると嬉しく思います)それが育成年代にも有効な考え方になるはずです。